大阪大学サイバーメディアセンター先端ネットワーク環境研究部門
(大阪大学大学院情報科学研究科ユビキタスネットワーク講座)
2016年度研究成果報告

以下は大阪大学サイバーメディアセンター先端ネットワーク環境研究部門(大阪大学大学院情報科学研究科ユビキタスネットワーク講座、松岡研究室)の2016年度の研究成果一覧です。 2016年4月13日更新。

発表論文一覧

学術論文誌掲載論文

  1. 中野雄介, 上山憲昭, 塩本公平, 長谷川剛, 村田正幸, 宮原秀夫, ''Webパフォーマンス測定プラットフォームの提案と評価,'' 電子情報通信学会和文論文誌, Vol. J99-B, No.4, pp.313-322, Apr. 2016.

解説論文・記事等

該当なし

国際会議発表

  1. Nagao Ogino, Takeshi Kitahara, Shin'ichi Arakawa, Go Hasegawa, and Masayuki Murata, ``Decentralized Boolean Network Tomography Based on Network Partitioning,'' to be presented at IEEE NOMS 2016, April 2016.
  2. Noriaki Kamiyama, Yuusuke Nakano, Kohei Shiomotoy, Go Hasegawaz, Masayuki Murata and Hideo Miyahara, ``Priority Control Based on Website Categories in Edge Computing,'' to be presented at 9th IEEE Global Internet Symposium (GI 2016), April 2016.
  3. Yuya Tarutani, Kazuyuki Hashimoto, Go Hasegawa, Yutaka Nakamura, Takumi Tamura, Kazuhiro Matsuda, and Morito Matsuoka, ``Reducing Power Consumption in Data Center by Predicting Temperature Distribution and Air Conditioner Efficiency with Machine Learning,'' in Proceedings of IEEE International Conference on Cloud Engineering 2016 (IC2E2016), April 2016.[paper]
  4. Yuya Tarutani, Shuuichirou Murata, Kazuhiro Matsuda, and Morito Matsuoka, ``IEEE1888 over WebSocket for communicating across a network boundary,'' to be presented at BIoT 2016(IEEE COMPSAC 2016 workshop), June 2016.

口頭発表(国内研究会など)

  1. 長谷川剛, 村田正幸, ``ノード仮想化とプレーン分離を適用した広域モバイルコアネットワークの性能評価,'' 電子情報通信学会ネットワークシステム研究会発表予定, 2016年4月.
  2. 樽谷優弥, 村田修一郎, 松田和浩, 松岡茂登、``ネットワーク境界越が可能なIEEE1888 over Websocket の提案と実装,'' 第60回システム制御情報学会研究発表講演(SCI'16)発表予定,2016年5月.